スピリチュアルセッションって怖くない?


 

  セッションをご検討いただいている方から、こんなご質問を頂戴することがあります。


「特に深い悩みなどはないのですが、自分のこれからの生き方のようなものを知りたい、セッションを受けてそのようなことを考えたいと思うのです。それでもいいのでしょうか。」


「霊能者というのは特別な雰囲気があって、水晶玉を前に置いて、蝋燭を立てて、霊的に怖いものが憑いているとか、そういったことを言われるのではないかと心配なんです。大丈夫でしょうか。」


  そういえば、スピリチュアルセッションというと、何か霊的な現象に悩まれているとか、大きな問題にぶつかっておられるとか、ご先祖様の祟りがあるのではないかと思われたとか、どこかで言われたとか、非常に悲しいことが起きたとか、そういったお悩みの相談をするところというイメージがあるのかもしれませんねぇ。(^^)

  もちろん、そのような場合には本領発揮です。(笑)…(^^)b。


  そもそもスピリチュアルセッションというのはどんなもので、どんなときに利用していくのが効果的なのか、ということについてちょっとだけ書いてみたいと思います。(^^)


  まずは、こんなことから…。^^


《スピリチュアルセッションって怖くないの?》


  霊能者とかヒーラーなどというと、何だか特別な能力を持っている、なんて思われることもあるのかもしれません。(^^)


  目に見えないさまざまなものが見えるとか、感じるとか、霊と話ができるとか、確かにそれを特別な能力と見ればそうかもしれません。(^^)  でも、これは、基本的に人間がみんな潜在的に持っている能力なんです。ですから、いろんなものが見える方というのは、たくさんいらっしゃるんですよ。私の知っている方の中にも結構いらっしゃいます。(^^)b


  ただ、良くない想いを持った霊と興味本位で接触を持ったり、軽い気持ちで繋がるようなことは、危険なことですので絶対にすべきではありませんし、普段生活するなかでこちらからアクセスする必要はまったくないんです。(^^)

 

  また、仕事として関わる場合には、ある種の適性と、訓練と、大きな覚悟が必要だと思っています。

  個人的には、それをどう使っていくか、というところじゃないかと思うんです。


…と、窮屈な話になりました。(^^)

 

  そんなわけで(笑)、私はまず、セッションを受けられる方が、セッション終了後に笑顔になられることを第一に考えます。(^^)


  安心されて、すっきりされて、自分の生きる道や希望、光が見えて、元気になられるのでなければいけない。そんなふうに考えて活動しています。


  普通の格好をしていますしねぇ。(笑) 冗談も言います。(^^)


  そして、セッションのときには、ご相談をされる方の大切な人生の一瞬に触れさせていただくこと、発する言葉の重み、責任、人や霊体さんとのご縁ということについて、いつも意識して、真剣に、そしていつも全力で臨んでいます。(^^)


  霊能者やヒーラーとして活躍されている方は、今のこのスピリチュアルブームのなかで、本当にたくさんいらっしゃいますね。


  その中からどんな方を選ばれるといいか、ということでは、セッションを受けられる方の波長やご縁といったことによっても変わってきますが、その方々のプロフィールや紹介をしているホームページなどからその方針、想いなどを読まれて、そして、そのページの中にあるクライアント様の感想をご覧になるのも良いでしょう。

 

  また、体験された方からの口コミでの紹介というのも、その方が信頼できる方ならばOKだと思います。


  霊を扱う人というのはなんだか怖い印象を持ちますね。

  この世の中は、いろいろな方がいますので、人によってはそんな方もいらっしゃるかもしれません。

  その点に関してはヒーラーを選ぶ際には十分な注意が必要だと思います。

 

  霊を扱う際、私は、確かに、良くない想いを持つ霊については十分注意をしますが、ご相談者さまが怖くなるようなことは一切しません。むしろ危険があるような場合に守って差し上げることがお役目でもあると思っています。(^^)

 

  怖いのは、目に見えない世界のことを知らないということが原因であることが結構あると思うんです。

しっかりとした心の持ち方が解っていれば、怖くないんです。


  そして、生きているということは、常に、見えない世界のエネルギーや、高次の存在、低次の存在など、さまざまな存在と関わっていくことにもなりますが、それに加えて生きている“人の心”も注意したほうが良い場合があります。いわゆる生霊などといいますが、念を飛ばしているご本人が知らない場合が多く、その念を受けた側は、その方がエネルギーに敏感であればあるほど、結構厳しい思いをすることになります。それについては、ここで一言でお話しするにはスペースが足りませんので、また別の機会にお話しできればと思います。(^^)


  何か問題が起きたとき、霊的な現象に悩まされるときというのは、自分の意識がどんな状態なのか、というのが大きく関わっていますそんなことについてもお伝えするようにしているのですが、それが解ってくると、不安や恐怖感が拭われて心の中に光が見えてきます。

 

 そんなふうに、みなさんが強く、優しく、愛を持って順調に生きていく、望む未来に向かわれるためのお手伝いをさせていただくのが霊能者やヒーラーの役目なんじゃないか、と思っています。(^^)


霊能者は怖くないのか?


 それは…世の中にはいろいろな方がいらっしゃるので、中にはそんなこともあるかもしれませんが、私は“それではいけない”と思っています。ですから、私について敢えて申し上げるとすれば…、

 

怖くない、とお答えします。(^^)b


 水晶の丸玉は持っていますけれどねぇ。(笑) その中を覗いていろんなことを言い当てるといったことはしないです。浄化を目的として用いたり、瞑想のときの友達としてだったり、また、「きれいだなー、素敵だなー」って覗くことはあります。だって、本当にきれいなんです…。(^^)


 スピリチュアルセッションについて、霊能者やヒーラーについて、少しでも解り易くお伝えしようと書いてみましたが、いかがでしたでしょうか? ご不明な点等ございましたら、どうぞお気軽にお問合せくださいね。

 

ありがとうございます。

すべてに感謝します。

 

(真弓子)















ね、きれいでしょう? (^^)